第3話 居場所

■ 第3話『居場所』

 快答ルパンは、なかなか自分の居場所を持てなかった。それは本来なら人生の見本とな
るべき親が、頼りないことに由来するのかもしれない。
 親の因果が子に報いという。
 快答ルパンは、子どものころから異形だった。これは個人情報なので私が勝手に語るわ
けにはいかないが、誰が観てもわかる明確な違いが、彼の人生を変えていった。
 彼には二歳上の兄貴がいたが、彼は少なくともカタチの上ではみんなと同じ。それゆえ
親の期待度が高く、公務員上級職として生きることになる。この続きはこちらから

このブログの人気の投稿

予告編

第1話  Y堂の謎

パズル小説「快答ルパン」とは?